タイ旅行 基本情報とおすすめエリア

MENU

バンコク記事一覧

 

バンコクのトラブルバンコクでのトラブルは、外務省の海外安全情報のホームページでも随時公開されています。ですから出発前には必ずチェックしておくようにおすすめします。特に旅程に該当地域が入っていた場合には注意事項を熟読しておきましょう。日本人は、タイでは「お金持ち」と思われています。そう思われるのは悪いことではないのですが(信用が供与されるという意味で)、一方狙われる原因にもなるので注意しておくことが...

 
 

2009年に、最年少で賞金王を獲得した石川遼君が、バンコクに到着しました。スワンナブーム空港には、もちろん、日本のメディアが殺到し、いきなり記者会見。それもそのはず、さっそく、英国マスターズから、2010年のマスターズの招待状が届いたそうな。マスターズでの優勝を、「自らの夢」としている、石川遼君。タイガーウッズ居ぬ間に、チャレンジする?ゴルフと言えば、タイでゴルフをしたことがあります。場所は、バン...

 
 

格安旅行のH.I.Sではすぐ飛びフェアを行っています。読んで字のごとく、すぐ飛びで、格安旅行。円高だし、羽田もできたし、海外旅行の大チャンス!!たとえば・・・・=====【バンコク・ホーチミン・ニューヨーク】=====   ♪ 〜スカイトレイン1日乗り放題券付〜 ♪  羽田発着 タイ・バンコク5日間 3.98万円〜♪       〜便利なドンコイ地区に滞在!〜        羽田発着 ベトナム・ホ...

 
 

バンコク発のツアー(半日日帰り編)バンコク発のツアー(現地旅行代理店またはオプショナルツアー)は、いろいろあります。もちろん、アユタヤやパタヤビーチなどは、現地で宿泊も十分可能ですが、ここではバンコク発の日帰りオプショナルツアーのおすすめ情報を紹介していきたいと思います。まず、半日のツアーで十分回れる代表的なコースから。午前中の出発で代表的なのが、水上マーケットのツアーです。バスでだいたい2時間と...

 
 

サイアムスクエアとジム・トンプソンの家サイアムスクエアといえば、ショッピングの中心地。いつもたくさんの観光客、タイ人がいます。とってもおしゃれな洋品店、百貨店、映画館などが集まっているので若者もたくさんいます。サイアムセンターには、スタバも入っているので一服するのもよし、マーブンクロンセンターでウインドウショッピングするのもよし、マーブンクロンのレストランで格安の食事を楽しむもよしでしょう。このシ...

 
 

バンコク 伊勢丹バンコクの伊勢丹は、BTSのチットロム駅から北にすぐのところにあります。isetanのコーセーのフェイシャルエステが好評です。管理人の妻も前回は楽しみに行きました。伊勢丹の近辺はまさにバンコクの一等地で、伊勢丹の近くにはインターコンチネンタルホテル、北上していくと、プラトゥーナム市場があります。バンコクの高層ホテルバイヨークスカイホテルがプラトゥーナム市場の裏手にあります。さて、激...

 
 

バンコク グルメバンコクでは、世界中のグルメを堪能できますがせっかくなのでエスニックグルメを味わいたいものですね。タイのグルメといえば、世界の三大スープのひとつトム・ヤム・クンが有名でしょう。レモングラスにココナッツミルク、パクチーなどが入っていて辛いなかにも甘酸っぱい味がするおいしいスープです。トム・ヤム・クンの味はおいしいところとそうでもないところがあるのであらかじめレストラン情報をネットで集...

 
 

バンコクでの買い物 市場バンコクでのお買い物というか、ここでは市場をご紹介しましょう。文字通り市場ですから、タイ人が買い物にたくさん訪れます。市場では、タイの日常生活をかいまみることができます。バンコクには大きな市場がいくつかあり、それぞれに特色をもっています。タイでお買い物をするときのちょっとしたコツをひとつお教えしましょう。バンコクの市場では、同じようなものをいくつもの店で売っています。ですか...

 
 

バンコクには、ワットサイ水上マーケットが市街地にありアクセスが便利です。しかし、本格的な水上マーケットは、80キロ(約2時間)離れた所にある、ダムナン・サドゥアク水上マーケットでしょう。ダムナン・サドゥアク水上マーケットは、夜明けから午後2時ころまでにぎわっています。水上マーケットを回るのは小さな船で回っていきます。管理人が行ったのが2年前なので少し古くて恐縮ですが、現地ツアーを使いました。利用し...

 
 

バンコクの免税店バンコクの免税店は、キングスパワー・デューティー・フリー・ショップといいます。以前のお店では、ブランドは、ダンヒルやグッチ、フェンディなどがありましたが、品揃えはいまいちのような気がしました。スワンナブーム空港が開港して、デューティフリーショップが拡大したのにつれて新免税店の方も改善されたのでしょうか?バンコクの免税店の場所は、BTSのビクトリー・モニュメント駅からランナム通りの沿...

 
 

バンコクの地図は、タイ国政府観光庁をはじめいろんなところで手に入ります。タイ国政府観光庁では、バスの路線図や鉄道の発着時刻表もありますので、たいへん重宝します。バックパックを背負って、地図片手にバンコクを徘徊しようと思うならば、一番はじめにタイ国政府観光庁に立ち寄ってみてください。タイ国政府観光庁は、地下鉄のペッチャプリー駅近くにあります。また、バンコクに行くまでに調べたい人にお勧めの方法がありま...

 
 

バンコクの地下鉄バンコクの地下鉄は2004年に開通しました。地下鉄は、タイの鉄道の起点ファランボーン駅から、同じタイの鉄道の駅、バーン・スー駅までを約20キロを結んでいます。値段は初乗りが、15バーツ、一駅ごとに1バーツ、2バーツずつ上がっていきます。途中、タイ文化センターや、ウィークエンドマーケットなどのみどころも通っていきます。地下鉄はMRTと表示され、BSTと並んで、渋滞のない便利な乗り物に...

 
 

タイ旅行おすすめ バンコクに行ったら有名な寝転がっている大仏があるワットポーや王宮は、ラタナコーシン島と呼ばれる地域にあります。場所は、チャオプラヤー川と運河にはさまれた中洲のようになっている場所で、他にワットプラケオや国立博物館などの名所が並んでいます。いわば、バンコクの歴史上の中心地になります。バンコクのいろんなオプショナルツアーでも必ず組み込まれている地域でもあります。チャオプラヤー川の向か...

 
 

タイ旅行 おすすめのエリア バンコク 空港からバンコクまでバンコクはおすすめするまでもなく、タイ旅行のほとんどが立ちよる、都市ですね。タイ国の中の人口の1割が居住するといわれるバンコクは、もはや国際都市です。タイ旅行ではおすすめというよりも、大半の人が立ち寄るエリアでしょう。新国際空港のスワンナブーム空港が国際線、旧国際空港のドンムアン空港が国内線の役割をになっていますが、新空港から、バンコク市街...

 
 

タイの屋台は、福岡の天神よりも、充実しています。博多の中洲あたりも夜は賑やかですが、タイでは、ランチも屋台で過ごす方もいます。以前、タイの衛生局が検査したところ、衛生度は抜群だとか。まさに、バンコク(だけではないです、他の市でも。。)市民にはなくてはならない場所。タイ旅行に行ったら、ぜひ立ち寄ってもらいたい屋台です。